コナンアウトキャスト:マップにまつわる話

この世界はとてつもなく拾いので生き抜くためには、マップをこまめに見ながら冒険をしていくことになります。

レベル40になってそれなりに冒険も積んだはずだけど、この世界は自分が思っている以上に広いもので、自分が如何に井の中の蛙であったことを知ることになります。レベル40になるまでに、穴が開くほど眺めていたマップにまつわるアドバイスや経験を徒然なるままに話してみたいと思います。

レベルも40になったことだし、もう少し広い世界を巡っていきたいものです。ネームドNPCのいる集落や変わった施設を発見する度にマップに登録され、経験値もアップいたします。マップを漠然と眺めて空白となっているところを訪れることができれば、必ずと言っていいほど何か特殊なスポットがあるので、単純にスポットを巡り、マップをアイコンで埋めていく作業を繰り返すのも楽しいでしょう

冒険をこなしているうちによほど上手なプレイヤー出ない限り、死んでしまうことも当たり前のようにあると思われます。レベルや装備が伴わないまま遠くまで旅立ち、敵にやられてしまうと所持品を落としてしまいます。マップ上に墓標のようなマップマークが表示されるのでそこを目指してアイテムをとりに行く必要があります。その作業もめんどくさいと思われるので、必要以上に貴重品を持たないほうが良いかと思います。

また、遠くに旅をしていく時には寝袋のような簡単な寝床を持っていくもしくはその場で作ることになります。私の場合は遠くに行く場合は、途中途中でこまめに拠点を置きながら先に進めていきます。もしくは鉄鉱石や石炭などの素材があるところに寝床を置いてみたり、倒すべきモンスターの近くに拠点を置くことになります。その時に拠点を表すマップマークが表示されます。

マップの難易度については基本的にスタート地点から遠くに行けば行くほど難しくなってくると思われます。雪山や火山などになったら敵も強くなっていることでしょうけど、その分レア素材もたくさん存在します。トロフィーも結局のところ強いボスを倒すことで手に入るのが、ほとんどなのでトロコン目的ならどんどん旅に行くことになると思います。

それにしてもレベル40になるのに井の中の蛙っぷりがすごくて、マップも寂しいものになってます。こんな状態では語ることが薄っぺらくて本当に困ってしまっています。旅路もロケーションにまつわるお題もそこそこ用意されております。その場所をピンポイントで巡るには攻略サイトなしでは難しいです。ドラクエなどのRPGと違って、コナンアウトキャストは基本的に周りを見れば敵だらけの世界なのです。よくよく考えるとこれはものすごく恐ろしいことですよ。なにしろ次の目的地の場所はノーヒントになってしまうんです。次にやることは「旅路」が示すけど、場所に関する情報は何にもないのです。

だからってそれが完璧に悪いことなのかっていうとそんなことはありません。元々空白の地図を自分で埋めていく楽しさもあり、いつの間にか目的地が発見されたというのも、またよさなのかもしれず、攻略サイトなど外部の情報なしでやっていくのであれば、本当の意味で冒険をしたことになるのです。でもこれは本当に大変ですよね。

一つの例として、「古代下水道」のアビスレムナントを倒しに行くのをノーヒントだったらどうなるんだろう。オアシスの西側にあるのですが、その場所を誰が教えてくれるのでしょうか?

旅路もアビスレムナントを倒せと指示されるけど、場所の情報はなんもないし、道行く人はほとんどが襲い掛かってくるばかりで親切な人は誰もいません。奴隷にすることによって仕事をさせることはできるけど、その奴隷だって目的地を教えてくれません。その状態でどうやってたどり着くのだろう。マップを片手に適当に歩き回って目的地を探せってことなのかな?方向もわからないとすげー大変だよな。

コナンアウトキャストってゲームの中で得られる情報以外は何も使わないでくださいだとするとどうなっちゃうんだろう。

結局、攻略サイトを見ながら進めている私のやる冒険は、邪道なのだろうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です